2015/09/11

映画感想

たおが寝た後こっそり映画を見るのが楽しみな昨今。

『フューリー』
戦争映画が好きな旦那さんが借りてきた映画。
私もけっこう戦争映画は好きです。
たまにトラウマ級の戦争映画があるけど、それも含めて好きです。
この映画はとっても好みでしたね。
私は面白いと思った映画は2回連続で見ちゃうんだけど、これは見ちゃいました。

1945年4月。連合国軍の勝利がほぼ決定的だったにもかかわらず、ドイツ軍と日本軍は必死の抵抗を続けます。
太平洋では日本と戦っていたアメリカ軍は、ヨーロッパではドイツ軍と戦っていたんですね。
戦争映画好きとしてはドイツ軍、かなり好きです。
やってることはもちろん史上最悪ですが、戦車、軍服、エンブレム、演説、どれをとってもかっこいいです。
この映画にはドイツ軍最強戦車ティーガーが出てきます。
ミリオタにはたまらないでしょうね。私はこの映画で初めて知ったクチだけど。
アメリカ軍の戦車シャーマン4輛じゃないとティーガー1輛に勝てなかったらしいです。
戦闘シーンがリアルで、技術の進歩とともに戦争映画のリアリティも増してるな、と思いました。
この映画は戦闘シーンももちろん魅力のひとつだと思うけど、なんといってもフューリーに乗る5人の兵士が主役。
ブラット・ピットの教養ある軍曹っぷりは見ていて安心感があります。
アメリカ人も日本兵と似てる所はあるんだな〜
最後まで前線を守り抜く姿は、硫黄島の栗林中尉のようでした。
ただ、アメリカ人の方が仕草とか会話がかっこいい。笑
私は無宗教だから理解できない部分が多いけど、宗教的な内容の会話がけっこうありました。
アメリカ軍にはイエス・キリストが、日本軍には天皇陛下が神だったわけですね。

ずっと彩度が低めの映像で血の鮮やかさがない分、意外と見れました。
そのかわり何か鉄臭さというか、妙な匂いの感覚が映像から伝わる感じ。
戦車の中って、血と鉄の匂いなんだろうな…

殺された兵士は国は違っても全員人間。
打たれれば血は出るし、痛かったでしょう…

こんな戦場を本当に見たならばPTSDどころの話じゃないです。

ラストシーンの主人公(ノーマン)の表情と、クロスロードに横たわるものすごい数のドイツ軍兵士。
ぐーっと心に来ます。

2015/09/06

今週は平日の午後に支援センターに行きました。

それまで毎日たおと二人きりで家にいて、何にもすることもなく、お昼寝してくれるわけでもなく、過ごしていたので意を決して行ってみました。
そしたら、夕方寝てくれるようになって、夕飯を作る時間もとれるし、ちょうどよくっていいリズムが出来上がりました。

私も9時くらいには眠くなっちゃって寝ちゃうんだけど、夢にもたおがよく出てくるようになりました。

電車にたおを置いてきちゃう夢とか、排水溝に流れちゃう夢とか…

「やだ!」

って思うとハッと目が覚めるんですね。

たおを産んで、とっても幸せだけど、決して失いたくないものができてしまったようにも思います。

本当に、親より先に死ぬなんて絶対にいけないことです。

2015/09/04

オリンピックについて

このブログをしていて、オリンピックについては少々触れていますので、リンクを。

私は最初から東京オリンピックに乗り気ではなかったのですよ。
田舎者の意見として、東京ばっかり進化するのも嫌だし、そもそも東日本大震災の復興もまだまだなのに国のお金ばんばん使って施設を作るなんて馬鹿げてるよ、全く。

メディアの発達による五輪商業化について

学級崩壊

今思うこと

悲しい気持ちになりますね、何を見てもオリンピックのエンブレム問題。

多摩美の卒業生はみんなこんな気持ちになっているのではないでしょうか。
根掘り葉掘り、どこまでも追いつめて、どうすれば終わるのかね。

STAP細胞の問題のときは、最後に優秀な共同研究者の1人が自殺しましたね。

私は、佐野さんは死なないと思う。
それでもデザインを続けると信じています。

2ちゃんのまとめでも盛り上がってるこの問題。

「多摩美に入りたいと思ってたけど入らなくてよかった」

って書き込み見て、
そもそも君は入れませんよ、と思った。
美大って舐められたもんだな〜

確かに名前描いて1週間練習した程度のデッサンで受かる美大もあるけど、多摩グラは違うよ!
少なくとも1年はみっちりデッサンと色彩の勉強しないと受からないと思う。

多摩美がこれからどんな方向に行っても私は多摩美を卒業したことに誇りを持っています。