2015/06/29

健康第一


なんてかわいいんだろう…

親ばかですね。

健康に過ごせる月曜日が久しぶり。

6月は散々だったなぁ。里帰り、早すぎたのかな。

前回の日記にもかいた通り、発熱→乳腺炎。
そしてそのあと人生初の重症な蕁麻疹でついに実家に強制送還されました。

頑張りすぎた…

乳腺炎になってからおっぱいが張るのが怖くて、夜中にたおは寝てるのに、自分は何度も目が覚めてしまって深く眠れないまま朝になって、家事してたおのお風呂も1人でやったりして、夕飯作ってる途中で泣かれたりしてもーう何がなんだか休まる時間がなかったです。
精神的にはこんなもんなだろう、と割り切っていたのですが、蕁麻疹が出てしまいました。
最初は首に、その日は土曜だったので救急病院で点滴、翌日は首がかゆいものの普通に過ごして、月曜の朝に指にぶつぶつできて、またおっぱいが詰まって痛かったので朝一で母乳外来へ。
そこで蕁麻疹の注射もしてくれました。
しかし、帰宅して昼寝しようとしてもかゆくて眠れず、鏡を見たら顔にも蕁麻疹!
しかもなんかすっごいむくんでてメガネがめり込んでました…
皮膚はプラスチックみたいに固くて、つるつるに腫れてしまって、目は線になって別人に。
さきほど行った病院に電話したらすぐ来てくださいと言われて行ったら、もう婦人科でできる処置はないので皮膚科に紹介状を書いてくれて、それを持って皮膚科へ。
たおを何時間も車で連れ回してかわいそうだったけど、しょうがない。

しまるギリギリで皮膚科に着いて、診てもらったら、寝不足だから実家に帰って寝なさいと言われました。
その夜に旦那に実家に送ってもらって、しばらく療養することに。

顔が変わった私を見て家族もびっくりしてました…

次の日は授乳の時以外は多緒を隔離されてひらすら眠りました。
いくらでも眠れたなぁ。相当疲れてたんだ。

その間にもおっぱいは固くなって、痛くて痛くて、母乳専門の助産院にかかることになりました。
初診は8000円で高いけど、1回行ったらだいぶ良くなってびっくりです。
なんで何度も詰まるのかわかりました。

は〜…
今までの苦労は何だったのか。

実家に戻って1週間、顔も元通りになったので自宅に帰ってきました。

今度は無理をしないように。

最近多緒が笑うようになって、おっぱいも張らなくなって、やっと心に余裕ができた気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿