2015/03/11

逆子ちゃん

今日は3.11ですね。

忘れてはいけない、東日本大震災の日。
日本は本当に地震が多い。
特に、私の住む静岡県は何十年も前から大地震が来ると言われていて、小学校のときから毎月のように避難訓練をしていましたが、幸いまだ大地震に見舞われたことはありません。
3.11の後に富士山震源の震度6強っていうのが来たけど、うちは棚のお皿と掛け時計が落ちて壊れただけで被害はありませんでした。
あのときは夜でお風呂のお湯がじゃぶじゃぶ出る程揺れました。
でも家族も無事だったし、確か死者も出なかったと思います。
けが人はいたのかな。。。
普段の防災意識のおかげです。
当時はまだ出会ってもなかった旦那さんは一人暮らしで、集めていたFireKingが半分以上割れたそうです…かわいそうに。
あと、うちで今使っている電子レンジが落ちてきたそうです。まだ傷があります。
本当に富士山の近くなので相当揺れたんだと思います。
静岡県東部が震度6強でひとくくりにされてたけど実際はうちは震度5くらいで、旦那さんの家は震度6強だったんじゃないかと思います。

YouTubeで震災の映像を観てると本当に怖いです。
でも、事実だから。

もし、これから大震災が起きたら私の実家は津波に流されてしまう位置にあります。
そのときは家族はとにかく助かってほしいです。
避難経路、避難場所の確認はばっちりですが、いざそうなったらどうなるか、、、
高齢なので心配です。でもきっと、大丈夫。

私が今住んでいるところは津波の心配はありませんが、富士山が近いので噴火とかになっちゃったらもうおしまいです。
火山灰と溶岩が落ちてきたら逃げ場はないです。
でも、でも、自分の子どもだけは守りたいと思います。

そういう気持ちは、妊娠前とはだいぶ変わった気がします。
もうジェットコースターも乗りたくないです。
私に何かあったら、子どもにとってお母さんがいなくなってしまう、ということ。
子どものことを最優先に考えて、自分のことも大切にしようと思うようになりました。

6ヶ月くらいまではもし流産してもまた子どもをつくれば良い、自分の命が大事でした。
でもここまで育っちゃうと、ここまで苦しい思いして9ヶ月もお腹で育ててもう流産も死産も考えられません。
とにかく無事に、生まれてほしいです。

昨日健診に行ったら赤ちゃんが逆子になってました。
これからまた自然にひっくり返ることもありますが、外回転術というのを受けることにしました。
お腹の外からお医者さんがもみもみしてお腹の中の子をもとの位置に戻す施術です。
お腹が張らないように1時間くらい点滴してからやるみたいです。
病院によっては入院するところもあるらしい。
母によれば、私の行っている産科の先生は外回転が上手らしいので、治ると期待しています。
治る確率は6割で、ほんとーに稀に赤ちゃんが死んでしまうこともあったり、早産になることがあるらしいです。
でもその先生は今までトラブルを起こしたことはないと言っていました。
もしここで治らなくてもあと1ヶ月あるので自然に戻ることを信じるしかないです。
それでもダメなら帝王切開です。
もう何でも良いから無事に生まれてくれればいいです。

ここまでトラブルなく過ごしてきたので、案外妊娠て大したことないな〜とちょっと思っていたことに反省。
(特に私の場合欲しくて欲しくてできたわけじゃなく、妊娠に気付かないくらいだったし…)
逆子は珍しいことじゃないけど、点滴とか施術とかびびってます。
きっとそうやって母親の自覚を持たせるための赤ちゃんからのメッセージなんだな。

がんばっておくれよ〜私の娘。
これは、赤ちゃんの頃のわたし。

0 件のコメント:

コメントを投稿