2014/02/26

感受性

今年度の通信課題を全部出し終わって、あとは合否を待つだけ…
合格していますように…

ここ最近、涙腺がゆるい。
歳とったなぁ。笑

ソチオリンピックの閉会式を観てなぜか泣き、もちろん真央ちゃんのフリーの演技でも泣き、小説を読んで泣き、今日は写真展を観て泣きました。

感受性が豊かなのは良いことだと自分に言い聞かせている。

その感動を一人で味わっているのは、いいことなのか。
説明しても共感されることが無くて少し寂しい。

密かに通信の卒業制作のテーマを決めつつあります。

いのちについて。

これに尽きる。でも、私には重すぎて、私なんかがこんなテーマにしたら、自己満足で終わってしまう気がする。

それでいいのかもしれないけど。

家族、故郷、動物…

くさくならない、自分らしい表現で、いのちを伝えられたらどんなに素敵なことだろうと思う。

おととい、田舎の道を走っていたら、鹿を轢きそうになった。
間一髪、避けたけど。
鹿ももっと注意してほしいわ!
道の真ん中をうろちょろしてたら轢かれちゃうよ!
あなたたちの命を奪いたくないよ、絶対トラウマになるし。

幸せとか、なんとか、

考えてる暇があるだけ、幸せだよね。


0 件のコメント:

コメントを投稿