2013/07/26

教育心理学 レポート!

教育心理学の第2課題もAでクリアーです!

これで科目試験に挑めます。
それにしてもくたくた。

教育心理学の前回のレポートはBでした。
添削文の通り、いろいろと不足点がわかって、今回はそれを改善しました。
今回はA評価をもらえたけど、細かく言うとまた甘いところがあるみたいです。
レポートって深いわね。

自発的学習を導く指導法提案について」 塩川友紀

 子どもたちが教育機関で学習していく過程で、指導者が「自発的学習」を導くために子ども自身の「やる気」を引き出し、損ねないような指導法を考えなければならない。私が児童造形教室の講師を経て経験した小学生への指導、教育心理学を学び考察したことを踏まえて指導方法を提案する。
 
 指導法提案
・対象者 小学校5年生 30名 
・科目 図工 
・内容 木工/箱を作る
・教材 板、蝶番、ねじ/のこぎり、金槌、彫刻刀、ニス、定規、ボンド
・制作時間 6時間(内訳/設計2時間、組み立て2時間、仕上げ2時間)
・授業形態 男女混合 一人で一つの作品を作る
・評価方法 デザイン、接合箇所、制作過程、問題解決力

1. なぜこのような授業を提案したのか。
 対象学年に小学校5年生を選択した理由は、小学校4年までに知的好奇心によって学習し自身を知り、次の段階である自己実現のために成長しようとする最初の時期だと考えたからである。さらに10~11歳は男女の意識が芽生え、男女間の筋力の差も出てくる年齢なので男女混合のグループ形態にすることで協力、時には反発し、自身の能力の限界を知ることが出来ると考えた。そして普段の学校生活の中から、自分が器用である、不得意であるなどの能力をわかり始めている、と推測されるからである。鎌原・竹綱(1999)によれば、アトキンソン(1964)は、成功に向けてがんばろうとする達成動機の強さが、その人の持つ達成動機の強さと成功できそうかという期待、成功することの自分にとっての価値とによって決まるという期待-価値モデルを提唱した。能力がわかることによって、このモデルを設定しやすいと考えた。
 図工の木工を選択した理由は、桜井・高野(1985)が示した、自ら学ぶ意欲を個人差としてとらえ、子どもの成長発達とどのような関係にあるか検討した研究における、挑戦傾向、独立達成傾向、情報収集傾向の3つが同時に現れると考えたからである。今まで触ることさえ許されなかった刃物や金槌への挑戦、1人で1つのものを作り上げるという独立達成、そして失敗や、初めての経験故の知識不足の場合に必要な情報収集を行う必要が出でくると推測されるからである。また、木工は失敗した場合、すぐにもとに戻せるというわけではないのでうまくいかない場合の欲求不満は適応的な対処行動で解決しなければならない。その場合の問題解決力も評価に入れる。実際に使用できる、手元に残るものを自ら作るということは、物を手に入れるという外的報酬を受け取ることになり、「やる気」を高まらせる要因にもなると推測される。以上のことから、このような授業を提案した。
 
2. どのように教授するのか
 まず、桜井(2001)が提唱する「ある行動を引き起こし、その行動を持続させ、一定の方向に導く」という「自発的学習」のための「動機づけ」の第一段階、「どのような目的」で箱を作るかを考えさせる。自分でやり遂げた達成感を得るためには目的を明確にすることは重要である。例えば人のために作ると決めた場合、その人を喜ばせることが明確な行動の目的になる。目的の無いままただ作業を続けるよりも、よりはっきりとした目的がある方が動機づけは強くなるからだ。
 そして制作に入る。制作は動機づけの中では第二段階の行動である。児童は初めてのことをするので、当然何かしら失敗するであろう。うまく行かない時、どのように対処するかは「やる気」に関わってくる。ここでは教師が対処法を提案するなどのフォローが重要になると推測される。できるだけ欲求不満を阻止するために、完成までの妨げになっている原因を探らせ、合理的に対処する。例えば、工作が得意な児童に協力してもらう、どうやったらうまくいくか聞く、といった対処である。もちろん全て実行するのは児童自身であるから、これらの行動によって、欲求不満耐性もつくであろう。
 最後に、時間をかけて完成させた作品に自己評価をさせる。評価をすることによって、バンデュラ(1977)のが示した、人が自分の行動をコントロールするために必要な行動である自己調整モデル(遂行行動→判断過程→自己反応)が完成する。これは今後の自身の行動をコントロールすることに役立つと考えるからである。図工の評価には標準的基準がなく、採点基準はほぼ自身の満足度であろう。しかし、この課題の場合、教師の評価の重点は「やり遂げたこと」である。教師はまず「やり遂げたこと」を全員に誉める。これが動機づけの最終段階である。誉めることは言語的報酬であり、達成することが良いことであるという情報的機能にもなるからだ。個々の最終評価では、決して作品を否定せず児童が不満を持つ箇所の原因を明確にすることによって、「どうすればうまくいったのか」を自ら考えさせることにより、次回の学習への意欲を増幅させることができると考えた。

 参考文献
・やさしい教育心理学 1999年 鎌原雅彦・竹綱誠一郎 有斐閣
・子どものこころ 2003年 桜井茂男・濱口佳和・向井隆代 有斐閣
・子どもの気持ちがわかる本 1999年 吉岡たすく PHP研究所

・行動と学習の心理学 2005年 伊藤正人 昭和堂 


添削文には、まずレポートに箇条書きは使わないこと。あと、結論を最後に述べること、について注意がありました。

たしかにうっかりでした。
他のレポートでこれからは気をつけます。

0 件のコメント:

コメントを投稿