2010/09/20

Okonomiyaki

今日は仕事帰りにえみこ先生に三島駅で拾ってもらって、この前アステールで紹介してもらったアメリカ人でオーストラリア在住のHeatherと、先生仲間の石崎さんとお好み焼きを食べに行きました。
Heatherは日本料理のなかでもお好み焼きだけ食べたことがないらしく、じゃあ食べに行こう!ってなったので英語がしゃべれる児童部仲間のえみこさんと石崎さんと私で行って来た所以でございます。

Heatherは猿の研究をしていて、京都大学である学会のために来日して、10年来の友人であるえみこさんの家(三島)に泊まっています。

お猿の研究をしているからしてお猿が大好きで、お好み焼きを食べてる時もテーブルの上にえみこさんが10年前に作ってくれたお猿のぬいぐるみをのせて、ぬいぐるみに食べさせるふりとかしてました。
それを写真に撮ったり。
日本にいる外国人のこういうとこがほんと好き。

あつあつのお好み焼きの上で踊る鰹節に驚いたり、ドリンクバーにも喜んでたし、なんかいろいろかわいい部分が見れて微笑ましかったです。

今日はバイト先のカフェにも外国人のお客さんが来て、鞄に「たかし」ってよくある江戸フォントのステッカーを貼っていて、
「これはどういう意味?」って聞いてきて、「これは日本の男の子の名前です」って教えてあげた。
「どこでもらったんですか?」と聞いたら、「バスガイドがくれた」と言っていて
「きっと彼の名前は『たかし』なんだわ」って納得していました。

そのあともいろいろ話して、アイスクリームがとてもおいしかったとか、トイレがすごくきれいだったとかいろいろほめてくれて、なんだかほくほくしました。

やっぱ英語話せるっていいよ。

かなり世界が広がる。
怖いものがなくなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿