2009/12/09

パラアート

先週末、静岡の市民文化会館でやってる「愛護ギャラリー」を観てきました。
なにかっていうと、知的障害者の人たちが描いた絵やら工作やら陶芸なんかの展示です。
最近は「パラリンピック」みたいな感じで「パラアート」っていうらしい。
つまりはかっこ良く言うとアウトサイダーアートだよね。
uの働いてる施設の人も参加してましたー。搬入手伝ってて、写真を見せてもらったら観たくなったので連れてってもらいました。
しかしuの施設の人が作った作品がやっつけ仕事すぎて笑えた。
あと文字が入ってる絵なんかさすがに意味不明すぎて爆笑してしまった…。
搬入のときいろいろ聞いたみたいなので、この作品はどんな障害の人が作ったとか、聞きながら観ていきました。
立体も平面もすごい執着心が見えて、しつこくて夢中な感じが伝わってきました。
あと色がきれい。塗り方もこだわりがあるみたいだった。
無心なんだろうなぁ。普段できないことがたくさんあるからできることに夢中になってるっていうか。
そういうとこは子供と一緒だね。
子供が制作に夢中になってる目ってすごい良いんですよ。
もうすぐアステールやめちゃうけど、この9ヶ月で児童がすごく成長した気がする。
はさみをうまく使えない子も使えるようになったし、ガムテープを自分でちぎれるようになった子もいる。
普通に、歯が抜けて生えてきた子もいるし。
なんとなく大人っぽい顔になってきた子もいるな。
私がたまたま幼年部担当だから成長がよく見えるのかもしれないけど。
半年後にまた成長した姿を見に行くのがすでに楽しみ。
今年長さんの子たちは小学生になってるんだー。
生意気になってそうだな〜(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿