2009/06/09

ノルウェイの森

7連勤はさすがに疲れました。
仕事を掛け持つのって大変ですな。
そんな疲れた合間に村上春樹の『ノルウェイの森』を読み終えました。

19〜20歳の恋愛ですが、この話は特別ではあります。
だから小説になってるんだけど。
文章が独特で、ほんと頭にこびりつく。
この物語がたくさんのひとに支持されているというのが意外な気もします。
20歳過ぎてから読んだ方が良いと思う。
私の19〜20歳の頃(といってもつい最近)を思い出しても、
そういえば、そうだった、みたいな。
私がつい2年前に体験していたこと、心の中で思っていたこと、は、
きっと誰にでも起こりうることで、みんなそれぞれいろんな19〜20歳を歩んできたんですね。
物語の中には、いろんな出会いがあって、別れがあって、本があって、音楽があって、建物があって、土地がありました。
そして、手紙が書きたくなる。
The Beatles 『ノルウェイの森』

0 件のコメント:

コメントを投稿