2009/05/31

ネオテニー・ジャパン


久しぶりです。
先週の月火で東京に行って参りまして、
上野の森美術館で開催中の『ネオテニー・ジャパン___高橋コレクション』を観てきました。
最近忙しくてブログ書けなかったので、おくればせながら。。。
どう考えても、メンツに惹かれました。
  • 会田誠
  • 青山悟
  • 秋山さやか
  • 池田学
  • 池田光弘
  • 伊藤存
  • 小川信治
  • 小沢剛
  • 小谷元彦
  • 加藤泉
  • 加藤美佳
  • 工藤麻紀子
  • 鴻池朋子
  • 小林孝亘
  • 佐伯洋江
  • さわひらき
  • 須田悦弘
  • 高嶺格
  • 束芋
  • 千葉正也
  • できやよい
  • 照屋勇賢
  • 天明屋尚
  • 奈良美智
  • 名和晃平
  • 西尾康之
  • 町田久美
  • Mr.
  • 三宅信太郎
ですよ。
こういっちゃ悪いけど、みんな変態ですよね。
作品に対する異常なまでの執着心を感じました。
自分がアニメーションを作ってきたから、アニメーション作品を見ると
粗探しをしてしまいます。性格悪(笑)
単純に好き、嫌いで、作家を分けると、、、、
なんとなくやめとこう。
現代美術に対してもの申せる程観てきてないし。
でも単純に思ったのは、プロは処理がきれい。ということ。
どの作品も本当にきれい。
当たり前なんだけど、それは簡単にはできないよ。
有名どころが集まった展示だから、本では観たことあった作品がいっぱいあったけど、
生の迫力は全然ちがいますねん。

ところで、東京に行く最大の目的はいつものごとく勉強なのですが。
このときは宿題が出ていて、好きな作家の紹介を英語ですると言う事。
私は荒井良二氏をintroduceしてみました。
先生と会話してるうちに、アウトサイダー・アートが自分の中で再ブレークしてきました。
なんとなくネオテニーの人たちのしつこさと、アウトサイダーのしつこさと、
荒井良二の単純に『描く事』を楽しもうとしていることがリンクしていって、
全部似てるなぁ、いいなぁ、ってなって、私もってなりました。
いつもこんな感じでやる気出てくる。
わわ。
明日は休みだから描くよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿