2009/04/09

東京物語

市立図書館で小津安二郎の『東京物語』を観ました。まさかの日本語字幕付き。
これは今の私にはイカンです。公共の施設で号泣するところでした。
「東京」って今も昔も、、、というか、きっとこの時代あたりからこうあるべき、という土地になってきたのでしょう。田舎モンには居場所がないです。東京って…
見失いつつある大事ないろんなものを思い出させる映画です。
ラストの紀子さんとお父さんの会話がもう、、、
泣く泣くーーーーもうやめてぇ って感じでした。
家族ってこんな感じです。単に幸せという一言では済まない感じ。
あぁもう紀子さんが良い人過ぎる。素敵な人だ。

何となく観たのにこんなにグッと来るとは思わなかった。
観て良かった。
はぁー 最近悶々してたけど、ちょっと見えてきたでぇー
また映画に救われたよ。小津安二郎。邦画の巨匠ですな。

2 件のコメント:

  1. 小津安二郎の『おはよう』ってやつがおすすめだよ!

    返信削除
  2. 図書館にあったら観てみるね!

    返信削除