2009/03/02

荒川


出来事が前後してしまうけど、お世話になったアニメーション作家の村田さんに(卒業の?)挨拶をするために、2月22日に久しぶりに荒川に行ってきました。毎月2のつく日は縁日の出店が遊園地前に出現します。あそこはいつも懐かしい匂いがする。「もうすぐ春の来る匂い」がしました。私の嫌いな。小学校が始まっちゃう。あの嫌な感じ。でも変わらないものがあることに安心したんです。私のまわりがどんどん変わっていって、自分だけ置いていかれているような気がしていたけど、変わらない記憶のように、現実にも変わらないものがあるということに。安心したいんです。私はいつまでもとてもわがままだと思うのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿