2018/10/17

ブーム再来その4

長くなってしまいましたが、ここまで紹介してきた映画は全部アマゾンプライムで無料で観られるものです。
(プライム会員になるはお金かかってるけど)

本当に観たい映画や最新の映画は有料レンタルが多いけど、ちょっと興味があってでもずっと見逃していたものや好きで好きで何度もレンタルDVDで観ていたものがすぐに観られるのは良いですね。

映画とか映像作品って、観る人の貴重な時間を奪うもの(そしてときにはお金も)だから、本当に良い物しか作ってはいけないんだよね、本来。
映画監督とは作家とは人の時間を奪うというとてつもないプレッシャーがかかっているので与える物が無ければならない、責任重大な仕事です。
大学時代に映像を作っていた身としては、たった3分の映像を飽きさせずに魅せるのだけでもめちゃくちゃ大変なのを知っているので、約2時間もの良い映画に出会うと本当に充実感すごいし、監督を尊敬します。
う〜ん、わたしはやっぱり映画が大好き。

次は、何度も観てて今回も観たものと、初めて観たものです。

『アメリカン・ビューティー』
1999年のアカデミー賞作品賞受賞映画です。
何度も観てます。大好きな映画のひとつ。
初めて観たときは、ソーラ・バーチにはまっていて(というか『ゴースト・ワールド』大好きだったので)彼女目的に観たのですが、映画として完成度が、いつみても最高。
ケヴィン・スペイシーのあのだらけたちょっとキレ気味の父親役が素晴らしい。
アメリカの家庭問題は日本の家庭問題とも共通するところがある。
子どもはいつも被害者で、父親が発端だったりする。つまりは夫婦間の問題が子どもを悪い方へ引っ張っていく。
日本では最近やっとLGBTがオモテに出てきたけど、約20年前まではアメリカだってそんな問題でなんやかんやあったんだな〜と思います。
はっきりと性的マイノリティーの話が出てくるわけではないけど、主人公のとなりに引っ越してきた軍人の父親がゲイを異様に嫌っています。それは自分自身に投げかけていたんですね。かなり重要なことさらりとネタばらししているけど。

『ファイト・クラブ』
大学時代になぜか英語の授業で初めて観たんだけど、当時はとても面白くてハマりました。その後も何度もDVD借りて観て、すごく好きだったのでアマゾンプライムで無料になったので今回また観ました!
そしたら、今まで観すぎたのか(?)今までの充実感はなく、、、
殴り合いのシーンでは目を背けたくなるくらいでした。私が変わったんだと思う。
1999年の映画ってこともあり、ちょっと古くさく感じ始めたのもあります。普段はそんなに年代を気にせず観るんだけど。
ハリウッド俳優で一番好きなのは実はエドワード・ノートンなんだけど、豹変する演技がうますぎですよネ
めちゃくちゃ情けない役(『世界中がアイラブユー』とか『ムーンライズキングダム』とか)からムッキムキ筋肉系(『アメリカンヒストリーX』とか『ハルク』とか)もできるしなんといってもその間の子が出来る。『真実の行方』を観て一気にファンになりました。
この映画でもそういうことになるのかな。
なんか目が怖いような、、、グリーン・ピースの活動を支援しているらしいし。日本語も話せるらしい、、、底知れぬ頭脳明晰感が怖い魅力的な俳優だと思います。
この映画はカルト的な人気があるらしく、大学の英語の先生もその一人なんだと思います。デビット・フィンチャーさすがです。

『フォレスト・ガンプ』
1994年度アカデミー賞作品賞受賞作品。超有名作です。
むかーし何度か観ていたけど、大人になってからは初めて観ました。
素敵な映画です。とても。
素直で誠実なフォレストと彼を支えるユニークな人たち。たくさんの人から語られすぎてもう言うことは無いけど、アメリカという国を知るのにもぴったりな教科書のような映画。
子どもの時に観たときは全然何も感じなかったダン小隊長の存在。自分の運命が思い通りにいかなくても、それでも「生きる」というのは勇気がいることなんです。
断片的に覚えていた印象的なシーンがすべて繋がってとても良い気持ちになりました。

『ミリオンダラー・ベイビー』


2004年度アカデミー賞作品賞受賞作品。「後味のわるい映画」ランキングでは常に上位だったので、後味のわるい映画好きとしては観るのが遅くなってしました。
本当に後味わるすぎて、、、っていうか。イーストウッドがただのサクセスストーリーを作るわけがないので、最初から「どこから悪い方に転ぶんだろ…」という目線で映画を観続けてしまったのは良くなかったと思う。
世間的には名作なんだろうけど、わたしは「こんなことしなくてもいいじゃん、じいさんや」って感じで諦めの心持ちで観ていました。だからなのか最後はショックはあったけど「これで良かったんだ」という気持ちで見終えることができました。
途中何度も出てくる教会のシーンといい、宗教的な部分が多いので私たち日本人は理解しにくい話だと思います。尊厳死については日本よりアメリカのほうが宗教上の理由で禁止されているのではないでしょうか。
『グラントリノ』も同じような気持ちで観た気がします。
イーストウッドじいさんの映画はもう観なくても良いかも、、、
むかーし観て感動した『パーフェクト・ワールド』もイーストウッドだと知って驚き。全然知らなかったから。これはもう一度観ておくかな。大人になってからまだ観てないし。

2018/10/15

ブーム再来その3

映画は良いです。
いやはや本当に。『12モンキーズ』で台詞があったけど、観る時の自分によって感じ方が変わるってのが良い。
1回観たことある映画でも時を経てもう1度観ると全然感じ方が違う。
何度観ても良い。多分それが名作と呼ばれる映画なのかも知れませんね。

ちょっと前にブームがきたときにアカデミー賞常連のアレハンドロ・イニャリトウ監督縛りで映画鑑賞してたんですが、(『バードマンあるいは』『21g』『バベル』を観ました)
ぜんぜん理解できなくて。笑 
でもすごく心に残ったのです。
きっとまだわたしはイニャリトウ監督作品は早かったのかなと思いました。
今度『レヴェナンド』に挑戦してみよう、、、

映画は数珠つなぎに観ていくのも楽しい。
監督だったり俳優だったりテーマだったり。

先週は「精神疾患もの」で観てみました。←このテーマですでに見る人を選びますが。
とてもハマりました。


『ビューティフルマインド』
2001年度のアカデミー賞作品賞の映画です。
予備知識無しで観たのでとても楽しめました。
最初はスパイものかと思っていたら全然違う。
統合失調症の主人公と彼を支える妻のヒューマンドラマでした。
前半と後半がこんなに変わるもの珍しい。普通にだまされてしまった!
病気への理解もできるし、それをまわりの人たちが支える努力をしていて純粋に感動。
こういうのを求めていたんだ!
1950年代の全体的に茶色い感じのアメリカもステキです。
ラッセル・クロウは筋肉系だと思っていたけど、かなり演技派なんですね、見る目変わった。笑
入院してからの子犬のような目が切なくて、、、
(特に手首に埋められていたと思っていたチップがないと血まみれになって訴えているシーン)
どうしても妻に感情移入しちゃうんだけど子育てに仕事に大変なのに夫があんな状態じゃ発狂して鏡くらい割りますよネ…
最期のペンセレモニーのシーンは前半にきちんと伏線があったので自然と涙が出ちゃいます。
病気とともに生きることにした主人公の妄想との付き合い方も良いです。
妄想とわかってからも「今後も彼と話したいんだ」という台詞にもグッときました。
なんとなく、わかる。。。
どちらかというと空想癖はあるほうなので虚構とわかっていてもその世界に入っていたいのは、わかります。
これが実話だというのもすごい。ただ調べてから知ったけど、モデルになったジョン・ナッシュと妻は2015年に交通事故で亡くなってるそうです。ショック…。

『シャッターアイランド』
2010年の映画。マーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオという時点で当時のわたしは観ないでしょうねぇ。笑
結構面白かったけど、、、もともとこういう類いの映画が大好きなのでラストのオチが読めてしまったのがちょっとね。
伏線ちりばめすぎてどんでん返しを予測させてしまっている気さえします。
BGMのでかさもちょっとしつこくて、、、
世界観は好きだけど作り込まれ過ぎな感じはある。
サスペンス?の類いに入るのかな。最期は考えさせられる余韻のある終わり方でした。
ディカプリオじゃ無い方が良かったんじゃないかなぁ。
もっと覇気のない人のがオチが読めないというか…
ロボトミーを扱った映画では『カッコーの巣の上で』が有名でそれ以上の名作は生まれないんじゃないかなぁ。
これもたまたま1950年代の設定の話だったけど、ロボトミー手術が一番行われてた時代らしいですね。
医学の進歩って重要だな。

『12モンキーズ』
1996年の映画。この年代、世紀末モノが多く作られた時代。日本ではオウム真理教の事件があったりで細菌兵器で世界滅亡もあり得る話だった。
精神疾患というよりは、未来から送られてきた主人公が精神疾患扱いされて精神病院に入院させられちゃうんだけど、なんといってもマジキチ役のブラッド・ピットが最高すぎる…。
ブラピ観るだけでも楽しめる映画です。
内容はタイムリープ系の映画の中でもかなり面白い方だと思います。
真犯人がいるんだけど、もはやそんなのどうでも良い。笑
美術センスと音楽センスも良いです。ブルース・ウィルス(主人公)が未来へ帰ってきた時にベッドに寝かせられているんだけど、なぜか明らかに子供用毛布が掛けられていてそのシュールな絵柄のセンスの良さ、そしてエンディングが(劇中でも流れたけど)、ルイ・アームストロング。ブラピは最後存在薄くなってるけど、ずっと印象に残ります。
あの目のイカれた感じはどうやって習得したんだ、、、笑
もとがかっこいいから間が持つけど、本当の3枚目俳優がやったらもうその役しかできないくらい本気度が高いです。
おすすめです。

ブーム再来その2

アマゾンプライムが最高でして、、、

お手軽にスマホで見れるのが良い。
首疲れるけど、寝る前に寝室のイームズチェアで寝息を立てる多緒を見つつ、映画も観れるという贅沢&お手軽さ。

ここ最近はアカデミー賞受賞作品に的を搾ってます。
なぜなら!貴重な時間を駄作に使いたくないから!
とは言っても、私がもともと好きな映画のタイプは賞に関係ないようなバイオレンスな感じのだったんだけど、なんだか歳のせいかハリウッドのヒューマンドラマに純粋に感動したくなって、それならアカデミー賞受賞作品なら間違いないぞ!という感じで、観てます。

確かに、良作ばかりですが、全部が全部心に残るというものではなく、「はぁ〜」と言った感じで終わるのもあります。
ただ、ハマる物には関しては、2回連続で観るし、1日中映画のこと考えてじっくり考察しちゃいます(暇なわけじゃないよ。笑)

2月に夫が入院&手術をしてんですが、毎日お見舞いと、手術中はずっと待ってなきゃいけないので暇すぎて気になる映画をプライムビデオでDLして病室で観てました。
そのときは邦画が多かったんだけど、その後洋画に移行し、今ブーム真っ最中です。

なかでも 一番ハマったのはコーエン兄弟かな。
なぜ今まで観てなかったんだろう、って感じ。
(いきなりヒューマンドラマじゃないじゃん!なんだけど。)

『ファーゴ』
登場人物が全員アホなのが良い。ただひとり、フランシス・マクドーマンドが演じる妊婦の刑事だけがまとも、というか普通なんだけど。
コーエン兄弟がこの刑事を女でそして妊婦に設定したってのが最高すぎる。
普通の幸せな人の象徴だよね、妊婦とは。
そして事件そのものが普通の人が欲にくらんで普通じゃないことをしてしまったがために
起きたことで、めちゃくちゃになっていく様子がおかしい。
ラストはドキドキするけど、悪いことが起きるわけではなく、普通のことを言って終わる。ブシェミの最期が猟奇的なのになぜか笑えてしまった(ここら辺は若いときに暴力的映画を観てきた経験値のおかげだと思う。笑)
スウェーデン人俳優のピーター・ストーメア(ダンサーインザダークにも出てた)が何を考えてるかわからない殺し屋なんだけど、最後に肌着姿で逃げてたのになぜか萌えてしまった!金髪がかわいいのかな。
遠くから撮る雪景色の中の人物がきれい。映像美も楽しめる映画だと思います。

『ノーカントリー』
これは、コーエン兄弟の最高傑作とか2000年代の最高傑作とか言われているらしいけど、わたしは『ファーゴ』のが好き。
でも確かに、めちゃくちゃ面白かった。
徐々に人物像が明かされていくところとか、まず、映画に引き込む最初のシーンからすごい。派手じゃないんだけど、ドキドキハラハラ感が半端ないです。
殺し屋役のハビエル・バルデムの気持ち悪さが最高です。
あのマッシュルームカットをさせたヘアメイクがすごい。
アメリカのモーテルには絶対行きたくないなぁ。笑
何を言わんとしているのかわかりにくい映画だけども、そういうの考えなくても楽しめるようにしてるのが良いです。
最後のトミーリー・ジョーンズの台詞が鍵みたいだけど、2回観て考察ブログみたいのを読んでやっと理解しました。笑



ブーム再来

今更ブログなんて…なんだけど、備忘録的な意味で再開。

この半年間の大きな変化と言えば、多緒が幼稚園に入園したこと!
その前には予定していた夫の入院&手術もありましたね。

自分の時間が出産前までとは行かないけど結構確保できるようになって精神的にだいぶ楽になりました。
そして大好きな裁縫や読書や映画鑑賞を罪悪感なくできる悦び、、、

ということで、この半年に裁縫ブーム、読書ブーム、映画ブームを繰り返してます。
それぞれ1ヶ月タームくらいかな。笑

裁縫ブームのときはとにかく多緒の服を作り。
生地はネット通販のkijikiji や cocca をよく利用してます。
coccaの無料レシピを使って自分の服も3着作りました。
多緒にはワンピース1、カボチャパンツ3、バッグなど作りました。
そんなんだから生地ばかり買って普通の服をあまり買ってないかも。

読書ブームのときは、とりあえず天童荒太から始めたけど、なんか重すぎてツラ…ってなったので、軽めにイギリスの児童文学を読み始めたらハマりました。
ジャクリーン・ウィルソンの『マイベストフレンド』と『バイバイわたしのおうち
がとくに良かったです。

子ども目線から描いた家族の問題。
子どもを幸せにしなくては。。と考えさせられます。
両親の思い通りにはならないもので、子どもを自分の所有物ではなくひとりの人格としてみてあげる、基本的なことって実はとても難しいのでは?
まだ多緒は3歳でわたしがいなければ心配で心配でずっと一緒にいてあげたいけど、幼稚園では1人の子どもとしてとっても頑張っています。
その反動でか家ではまだまだ赤ちゃんなんだけど。
いつか赤ちゃんではなくなって、家の外である問題に悩んだり、喜んだりするようになるんだろうね。私の知らない多緒ができていくんでしょう。
それを見守れる余裕はやっぱ夫婦間の信頼関係とかも関係してくるんだろうな。

うん、頑張るぞ。って気持ちにさせられました。

すでに長くなってきたから映画ブームは次の項にしとこ。

2018/01/17

そろそろ

今年の5月から多緒は幼稚園だし、そろそろ本当に2人目を考えなければ、、、
と思いつつも、このまま多緒と2人(またはパパと3人)でならたくさんおでかけできるしなあ〜
とか考えてるとなかなか本気になれないでいるわけですが

一応多緒にも聞いてみた。

「ママのお腹にあかちゃんいてもいい?」「いもうとかおとうとほしい?」など、それっぽい質問をしてみたら

だまってうつむき

最終的に泣く   という。

こりゃまだ先の話になるかもしれません。

2017/12/29

2017年も終わり

毎年じっくりと1年を振り返る時間があるのですが、今年はないかな。

毎日が必死で本当に余裕がない。

なんでだろう。

この1年、2歳になった多緒に振り回されっぱなし。
もっとしっかりしなくては。
コントロールできなすぎて、これで良かったのかな、とか思う。
もっと叱ってママは怒るんだ、怖いんだって思わせた方がいいのだろうか。
なんか最近なめられてる気がして。
私と2人きりのときばっかりめちゃくちゃなこと言って泣くから。

ママが安心するからに甘えてるんだよと言われるけど、めちゃくちゃに泣かれるとどうしていいのかわからなくて、結局YouTube見せたり、チョコレートあげたり。
絶対良いことじゃないよな…と思いつつ、結局多緒の言いなりになっている。
ここ2、3日は車に乗ってくれなさすぎて明日からも憂鬱。
買い物さえ行けない。

今日の外出は歩いてローソン行っただけ。
公園も寒すぎて私も多緒も鼻水出ちゃうし、家の中で遊んでても結局YouTube見たがってしょうがない。
大人しく1人で見てる分には私も家事ができるけど、なぜか一緒に観ていないとダメらしく…
家にいるのに何もできないという、、、
ばあばやパパでは代役不可で、どうしても私じゃなきゃいけないみたい。

2歳になったばかりのころ、急にイヤイヤ期が始まって8ヶ月。
今がピークかもしれん。

早く乗り越えたい〜

グアムに行っといて良かった〜
展示終わった後で良かった〜

この年末年始が憂鬱だぜ〜

2017/12/06

Guam

めちゃくちゃに久しぶりで、何を書けばいいのやら、、、
仕事をしている人に比べれば全然忙しくないのに、時間がない。

未就園児がいるということは、自分の時間が持てないということ、または、取れても自分の都合ではなく、子どもの都合でタイミングでそれを終わらせられてしますうということ。
そんなことを日々痛感しています。

そんなかんじで日々過ごしていますが、10/30~11/2までグアムに行ってきました!
そのような日々の中で少しだけ大好きな海外旅行をしてめちゃくちゃ楽しかったです。

行く前は不安で仕方なかったのに、帰ってきてしまえば、もっといたかった、、、と思うばかり。
何が不安だったかと言うと
・子どもの体調(基本的に健康で元気だけど、直前に熱とか出たらどうしよう。とか、初めての飛行機で気圧の変化に耐えきれなくて耳が痛くなったりしたらどうしようなどなど)
・北朝鮮のミサイル
・直前に2週連続で発生した台風

体調は前日まで咳をしていたのに、グアムに着いたら気温と湿度のせいか完治。
熱冷ましまで持って行ったけど全然必要なかった。

最大のミスは、たおの大事な大事な「おおきいタオル」という生まれたときから肌身離さず寝るときに抱きしめている必需品のタオルケットを前泊した成田のホテルに忘れたということ。
それに気付いたのが出国審査の行列に並んでいる時。
血の気が引いた。笑

これからどうなるのだろう、、、と。
行きの飛行機で不安は的中。
「大きいタオル〜〜!!」と泣きわめき、必死になだめて泣きつかれて寝てくれたけど、1日の夜は大変だった。
夜中の3時に「大きいタオルもってきてーーー!!」とギャン泣き。
私も泣きそうになりました。
仕方なく、パジャマのまま部屋を出てロビーにある24時間営業の店へ。

夜勤のお姉さんがとても優しくてたおをなだめてくさました。
そして「大きいタオル」の代わりにとミニーちゃんの派手なタオルを買ってあげると、すっかりご機嫌に。
「ミニーちゃんのタオルふわふわ」と言いながらなでなでして寝てくれました。

翌日から「大きいタオル」の代わりにそのミニーちゃんのタオルが大活躍。
しっかりと代役を務めてくれました。
むしろ「大きいタオル」は大きすぎるので移動には絶対ジャマだったので。
ミニーちゃんのタオルはフェイスタオルなので助かりました。

グアムの海は信じられない程透明で、シュノーケリングゴーグルで海を覗くと足下にしましまの熱帯魚が普通に泳いでいる。
というか、上から見ても確認できるくらい透明でした。

いままで海外旅行は観光メインでリゾート地に行ったことはなかったのだけど、グアムはリピーターが多いわけだ。気楽に行けるし、海きれいだし、人は優しいし。
子連れにはぴったりだ。

たおは初めての海で、とても楽しんでいました。
ホテルのプールでも遊んだけど、水遊び自体が大好きな様子。

アメリカ領なので、アメリカっぽいもの大好き夫はホームセンターやスーパーで日用品を大量購入。
行きは3人でスーツケース1つだったのにかえりは2つになってました。+手荷物も。笑

ああ、、、また行きたい。











ちょうどハロウィンだったのも最高だったなーー